fc2ブログ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
えりぽむにメール☆
ブログの筆者、私にメールを送れます♪ 何かありましたらいつでもお気軽にどうぞ〜!

名前:
メール:
件名:
本文:

★今年も市谷亀岡八幡宮でペットと一緒の初詣!

■今年も「市谷亀岡八幡宮」の「ペットと一緒の初詣」へ!

こんばんは。

土曜日は全国的にお天気が崩れ、関東でも雪が降った地域も多かったようですが、一昨日、昨日は1月とは思えないような暖かく穏やかなお天気になりました。

お出かけなどを楽しまれた方も多かったのではないでしょうか?

我が家も、一昨日、昨日と、暖かく穏やかなお天気を活用して、ゆづると一緒にお出かけを楽しんできました!


今回の記事では、そんな一昨日、日曜日のゆづるとのお出かけについて書いていきたいと思います!
(昨日、月曜日のお出かけについては、また追って書かせていただきたいと思います。)


暖かくて穏やかな絶好のお出かけ日和だった一昨日の日曜日、1月19日は、毎年ゆづると一緒に初詣に行っている「市谷亀岡八幡宮」に、今年もゆづると一緒に初詣に行ってきました!!!


東京都新宿区にある「市谷亀岡八幡宮」は、太田道灌が文明11年(1479年)の江戸城築城の際に、西方の守護神として、鎌倉の鶴岡八幡宮の分霊を祀ったのが始まりという、由緒正しい神社です。
(鎌倉の「鶴岡」に対して、「亀岡」と称したそうです。)

境内には、「茶ノ木稲荷神社」、「金刀比羅宮」、「出世稲荷神社」が合祀されており、「茶ノ木稲荷神社」は眼病が治るご利益があると全国でも有名で、「金刀比羅宮」は交通安全や金運アップのご利益があるとされ、また「出世稲荷立神社」は立身出世や商売繁盛のご利益があるとされています。

それら合祀されている神社は全て、開運・金運アップに関わるご利益があることから、境内全体がパワースポットとなっているんです。


そんな「市谷亀岡八幡宮」は、「ペットの七五三」や、ペットと一緒にご祈祷が受けられる「ペットと一緒の初詣」など、日本全国でも数少ない、「ペット」に特化した祈願を執り行っている神社でもあるんです!!!


この「市谷亀岡八幡宮」が、そのように積極的にペットを受け入れるようになったのは、「大好きなペットと一緒に初詣に行きたい。」、「大切なペットにご祈願をお願いしたい。」という「周囲からの相談」だったといいます。

その他にも「市谷亀岡八幡宮」は、祭神である応神天皇が、狩をした時に連れていた愛犬に命を守られ、丁重に弔ったとされる謂れがあったり、創建した太田道灌が、道に迷った際に猫に命を助けられたと伝えられていたり、更に「市谷亀岡八幡宮」に神輿を奉納したという桂昌院の息子は、「犬将軍」と呼ばれた徳川綱吉であったりと、そもそも動物とのゆかりが深い神社でもあるのです。


そんな「市谷亀岡八幡宮」にて2000年より始まった、「ペットと一緒の初詣」という神事(ご祈祷)は、毎年1月の土日を中心に、各回20組ごとに完全予約制でご祈祷が受けられるもので、とりわけ近年は口コミ等の広がりでペットのご祈祷を希望する人が増え続け、毎年約500〜600組の飼い主とペットがご祈祷を受けに訪れています。


ゆづるもここ数年、毎年「市谷亀岡八幡宮」での「ペットと一緒の初詣」にてご祈祷をしていただいており、毎年ゆづるを含め家族全員、大きな怪我や病気もなく無事に過ごすことができているため、今年も、そんな「市谷亀岡八幡宮」での「ペットと一緒の初詣」にて、ゆづるの年始のご祈祷をしていただいてきました!

今年も、ペットに優しく、かつ神聖な神社にて、本格的なご祈祷をしていただき、無事にゆづるの初詣を済ませることができました!


それでは、そんな「市谷亀岡八幡宮」での「ペットと一緒の初詣」について書いていきたいと思います!


■「市谷亀岡八幡宮」に到着!

この日私たちは、14時〜の枠の「ペットと一緒の初詣」を予約させていただいていたため、13時過ぎに目的の「市谷亀岡八幡宮」に到着!

20200121164649f9f.jpeg



神事は14時〜なのですが、この「ペットと一緒の初詣」では、神事の開始前に、各自で「手水」と「茅の輪くぐり」を済ませておく必要があるため、そのための時間も考慮して、我が家は毎年、予約させていただいている時間よりも早めに到着するようにしています。


「市谷亀岡八幡宮」の境内は、荘厳で凛とした雰囲気で、そんな境内を訪れると、「毎年お正月に訪れている場所に、こうして今年もまたゆづると一緒に訪れることができた。」という安心感と共に、境内に流れる澄んだ空気に、心が洗われるような清々しい気持ちになります。

毎年のことではありますが、このような荘厳で凛とした雰囲気の由緒正しい神社で、本格的なペットのご祈祷を受けられるということを、改めて嬉しく思います。


ちなみに、「ペットと一緒の初詣」に訪れるペットは、やはり犬が最も多いそうですが、犬の他にも、猫、兎、小鳥、亀、フェレット、ハムスター、イグアナ、山羊、ミミズクなど、種類を問わず多種多様なペットたちがこの「市谷亀岡八幡宮」を訪れており、一昨年や昨年は、兎やハリネズミ、山羊やフクロウなど、珍しいペットたちを実際に目にしました。

今年は、同じ日の同じ時間帯に訪れていたペットたちはやはりほとんどが犬でしたが、ご祈祷や参拝に訪れたたくさんのワンちゃんたちで賑わっており、この場所を訪れる度に、「ペットも家族の一員」として愛情を注がれているペットたちの姿に、心が温まります。


■ ①手水・茅の輪くぐり

さて、「ペットと一緒の初詣」では、ご祈祷前に受付にて手続きを済ませるため、到着後は例年通り、まずは受付にて初穂料を納め、手続きを済ませました。
(ちなみに初穂料は、1頭3000円です。)


受付での手続き時には、「ご祈祷前に『手水』と『茅の輪くぐり』を済ませてから着席されてください。」との指示があったため、こちらも例年通り、早速ゆづると一緒に「手水」と「茅の輪くぐり」をしに行きました!


この「市谷亀岡八幡宮」での「ペットと一緒の初詣」は、

①手水・茅の輪くぐり
②修祓(しゅばつ)
③一拝(いっぱい)
④祝詞奏上(のりとそうじょう)
⑤玉串奉奠(たまぐしほうてん)
⑥一拝(いっぱい)
⑦切麻散米(きりぬささんまい)


まで、全て一般同様の手順で行われます。


まずは「手水」です。

「手水」は、

①柄杓を右手に持ち、左手を清める。
②柄杓を左手に持ち替え、右目を清める。
③もう一度柄杓を右手に持ち替え、左手に水を受けて口を洗う。
④柄杓を立て、柄の部分に水を流して洗う。

という作法通りに、順番で行いました!

20200121170155c01.jpeg



ペットの「手水」は、人間同様に手を洗ってあげて、飼い主の手に少しだけお水を出して舐めさせるのが正しいということで、ゆづるの手も洗ってお清めをしました。

20200121170342320.jpeg



続いては「茅の輪くぐり」です。

「茅の輪くぐり」では、茅の輪を八の字に3回くぐります。

臆病なゆづるは、毎年怖がってなかなか茅の輪を飛び越えてくれないのですが、今年も茅の輪を飛び越える度に躊躇こそしていたものの、何とかゆづる自らの足で茅の輪を八の字に3回くぐって「茅の輪くぐり」を済ませることができました!!!

2020012117070865a.jpeg



■②修祓〜③一拝〜④祝詞奏上

そうして、まずは「手水」と「茅の輪くぐり」を済ませた後は、いざご祈祷を受ける拝殿前の、「ペットと一緒の初詣」のために設けられたお席の一角に着席し、神事が始まるのを待ちました。

20200121170908786.jpeg


神事の間、ペットは、小型犬や小さなペットの場合は飼い主さんの膝の上や抱っこで、中型犬・大型犬や大きなペットの場合は床に伏せるか座るの姿勢でご祈祷を受けます。


着席後、間もなく14時になると、宮司の方と禰宜(ねぎ)の方がいらっしゃり、いよいよ今年も「ペットと一緒の初詣」なる神事(ご祈祷)が始まりました!!!


ご祈祷が始まると、

・修祓(しゅばつ):お祓い
・一拝(いっぱい):これから神事が始まりますというお辞儀
・祝詞奏上(のりとそうじょう):神職の方による願文の読み上げ


が、「ペットのためのご祈祷」とは思えないほどの神聖な雰囲気の中で、厳かに執り行われました。

20200121171148abe.jpeg



これは毎年思うことなのですが、神職の方が願文の読み上げなどをされている間、ご祈祷を受けているどのワンちゃんやペットちゃんも本当にお利口で、神事の間一切吠えたりすることなく、とっても静かにきちんとご祈祷を受けているんです!

やはりこの神聖な雰囲気は、ペットたちも何か感じるものがあるのでしょうか。


ゆづるも、そのような神聖な場であることを理解しているのかしていないのかはわかりませんが、今年も例年通り、終始ママさんの膝の上で、じっと大人しくご祈祷を受けてくれました。

20200121171652a2a.jpeg



■⑤玉串奉奠

「祝詞奏上」が終わると、続いて「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」が行われました。


「玉串奉奠」では、一組ずつ順番に拝殿に上がって玉串の奉奠をします。

今年も、パパさん、ママさん、私、一人ずつ拝殿に上がって玉串の奉奠をさせていただきました。


まずは私が玉串を奉奠し、続いてパパさんも玉串を奉奠。

最後に、ママさんがゆづるを抱っこした状態で、ゆづると一緒に玉串を奉奠しました!

20200121172925ebd.jpeg


2020012117293924c.jpeg



■⑥一拝〜⑦切麻散米

そうして、この回のご祈祷を受けられている全員が「玉串奉奠」を終えた後は、続いて「一拝(いっぱい)」(これで神事は終了ですというお辞儀)が行われ、最後に一頭一頭のペットに「切麻散米(きりぬささんまい)」(ご参列各組ごとの清祓)が行われました!


「切麻散米」では、一頭一頭のペットそれぞれに、小さく切った白い紙をパラパラと頭にかけてくださるのですが、ゆづるが紙をかけていただく様子が大好きで、この「切麻散米」を毎年楽しみにしています。

今年も宮司の方が、ゆづるにたくさんの紙をかけてくださいました!

20200121173548e75.jpeg



「切麻散米」が終わると、ゆづるの頭にはたくさんの紙が!!!(笑)

202001211736437b3.jpeg


そんな光景もまた微笑ましかったです。


ちなみに、冒頭の「茅の輪くぐり」や、この「切麻散米」の様子については、Instagramの方には動画も載せていますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。


そうして「切麻散米」を終えた後は、これにて「ペットと一緒の初詣」なる神事(ご祈祷)は全て終了です!

今年も、ゆづると一緒に大変貴重なご祈祷を無事に受けることができて良かったです!!!


それにしても、一般同様の手順で、ここまで本格的にペットのご祈祷をしてくださるのは本当に素晴らしいですよね!


ちなみにこの「市谷亀岡八幡宮」は、お分かりの通り、ペットに特化した祈願を執り行ってくださる、ペットに優しい神社なのですが、神職の方々もまた大変ペットに優しく、昨年も「切麻散米」をしていただく際に、宮司の方がゆづるに「可愛いですね〜!」と声をかけてくださったのですが、今年もまた、神事の終了後に、宮司の方が「可愛いですね〜!」と声をかけてくださって嬉しかったです。


神事の終了後は、しばらくの間引き続きママさんと一緒にお席に座り、どこかリラックスした様子のゆづるでした。

20200121175708edc.jpeg


20200121175720343.jpeg



■「神札」を授与!

ご祈祷が終了した後は、最後に受付にて「神札」を受け取ります。


「神札」には、飼い主の名前、ペットの名前、そして、申し込み時に事前に伝えた願い事(無病息災、健康長寿、病気平癒など)が記載されています。

今年もゆづるは、昨年と同じく「健康長寿」をお願いさせていただいたので、「神札」には、昨年と同じく「健康長寿祈願」と記載されていました!

20200121175559ac9.jpeg



今年もまた一年お世話になります。


■ペットお守りも!

同時に、昨年一年間お世話になった、同じく「市谷亀岡八幡宮」の「神札」とペットお守りを返納させていただき、同時に、今年も新たなペットお守りをゆづるにいただきました!


「市谷亀岡八幡宮」は、ペットと一緒に参拝できるとして有名な神社であることから、ペットのお守りも豊富に用意されているんです!!!


「市谷亀岡八幡宮」には、ペットの名前などを刻んでくださる彫り札守りや、ペットに身に付けられるバンダナお守り、更にはペットのカラーやリードにつけることのできるストラップお守りやホルダーお守りなど、様々な種類のペットお守りが用意されているのですが、迷った末に、今年も例年と同じく基本型のペットお守りをゆづるにいただきました!
(お守りの授与は、「ペットと一緒の初詣」には含まれていないため、別途納めます。)

20200121175849b6d.jpeg



こちらのペットお守りについても、今年もまた一年お世話になります。


■犬おみくじ!

そして今年も、昨年に続いて、このようなペットに特化した「市谷亀岡八幡宮」ならではの、ワンちゃんのためのおみくじである「犬おみくじ」を引いてみました!!!

結果はいかに…!!??


なんと結果は、昨年と全く同じ「末吉犬」が出たんです!!!

202001211801098a7.jpeg


書かれている内容も、なんと昨年のものと全て同じ!!!


今年もまず目に留まったのは、「かいぬしさんへ」という項目に書かれている、「洋服は要らないワン」という言葉。

ゆづるのお洋服を買うことがとにかく大好きな我が家。

昨年のおみくじでも、同じく「洋服は要らないワン」というゆづるからのメッセージが書かれていたにもかかわらず、結局おそらく100着近いゆづるのお洋服を買ってしまいました(汗)


今年もまた全く同じこの結果が出たということは、きっとゆづるは余程これ以上お洋服はいらないと思っているのでしょうね(汗)

でも、こればかりは、おそらく今年も難しいと思います(汗)


犬康(=健康)」の項目には、「食後の運動を心掛けて。」と記載されていました。

ゆづるは日頃からたくさんお出かけはするけれど、歩くことは嫌いなので、あまり運動はできていないかも。

今年はなるべく体を動かすようにしようね!!!


犬学(=勉学)」の項目には、「才あり。難しい芸に挑戦を。」と記載されていました。

昨年も、新たな芸をいくつか習得したけれど、今年もまた新たな芸を覚えられるように、トレーニングを頑張っていこうね!


そして、「冒犬(=冒険)」の項目には、「西の方向に幸運が。」と記載されていました。

昨年中もゆづると一緒に色々な場所へ旅行に行きましたが、思い返してみると、あまり西の方向には行けなかったかも。

今年こそ、ゆづると一緒に西の方向に旅行にいきたいと思います!


まさかの昨年と全く同じ内容のおみくじでしたが、我が家とゆづるには大変的確な内容が書かれているおみくじで、やはり今年も引くべくして引いたおみくじだったのだと思います。

ここに書かれていた内容を常に忘れずに心の片隅に置いて、今年もゆづると一緒に楽しく過ごしていきたいと思います!!!


■今年の「市谷亀岡八幡宮」での「ペットと一緒の初詣」の感想

そうして、最後に「神札」とお守りもいただいた後は、これにて「市谷亀岡八幡宮」を後にし、帰路に就きました。

202001211814366bf.jpeg


20200121181451024.jpeg


20200121181503790.jpeg



今年もまた、ゆづると一緒に、「ペットと一緒の初詣」という大変貴重な年始のご祈祷を受けることができて本当に良かったです!

ペットと一緒に参拝できるとして有名な神社「市谷亀岡八幡宮」は、これほど本格的なペットのご祈祷をしてくださり、また多くのペット連れの方々に愛されている、本当にペット連れにとって嬉しい、ペットに優しい有り難い存在の神社です。


そんな「市谷亀岡八幡宮」では、心が洗われるような荘厳で凛とした雰囲気を味わうことができると同時に、ペットを優しく迎え入れてくださることから、温かい気持ちにもなることができます。

そうした神社で、毎年ゆづると一緒に年始のご祈祷を受け、ゆづるをはじめ家族全員が元気で過ごせていることに、心から感謝しています。


これからも、ペット連れならではのマナーをきちんと心得て、こうした神社の存在を大切にしていきたいと思います。


繰り返しになりますが、今年も「市谷亀岡八幡宮」にてゆづると一緒に年始のご祈祷を受けることができて良かったです!

今年も、ゆづるをはじめ、家族全員元気で健康で過ごせますように。



ということで以上、1月19日の「市谷亀岡八幡宮」での「ペットと一緒の初詣」についてでした〜!



★ランキングに参加中★
以下のバナー画像を1日1回クリックしていただけると、ランキングに反映されます。
宜しければポチッと応援お願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

トイ・プードルランキング

いつもありがとうございます!
コメント欄は閉鎖中ですが、何かございましたら当ブログPC版トップページに設置しているメールフォーム、もしくは
Instagramよりお願い致します!


スポンサーサイト



検索フォーム
ゆづる、いくつ?
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR