fc2ブログ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
えりぽむにメール☆
ブログの筆者、私にメールを送れます♪ 何かありましたらいつでもお気軽にどうぞ〜!

名前:
メール:
件名:
本文:

★伊東旅行⑪ ーペット絵馬完成!ー

前回の記事の続きです。


私が目と鼻を上の方に描き過ぎるという大失敗をし、ママさんがモフモフの毛や口を足して手直しをしてもなお(むしろ尚更?)酷すぎるペット絵馬の表側のゆづるの似顔絵…。

そこでその後も、なんとか似顔絵を少しでもマシなものにしようとママさんと私で試行錯誤しながら更に手を加えていきます!



作業がなかなか終わらないことに加え、似顔絵が面白くてずっと笑っている私たちに、ゆづるは写真を見てわかる通りの呆れた様子…(汗)


ママさんや私がペット絵馬に似顔絵を描いているそばで、「何してるの?」といった不思議そうな表情でこちらを見ていました(笑)




まずはママさんが似顔絵に手を加えている間、そんな呆れた様子で退屈しているゆづるを連れて、この「神祇大社」の社務所の近くにあった「黄金竹」を見に行ってきました!





黄金竹、とっても綺麗でした!


黄金竹を見た後は、再び似顔絵を描くママさんのもとに戻り、続いては私が更に手を加えました。

ママさんが、鼻と口の周りにマズルを描き入れ、目と鼻を上の方に描き過ぎたためにおたふくのようになってしまった輪郭を何とか修正しようと、顎のラインを比較的上の方に描き入れ、その下は体という設定に無理やり変更。

更に私が顎(顔)から下の体部分の毛並みを描き(モフモフ感を出したかったのに、ただの斜線のようになってしまってこれまた大失敗)、首輪とネックレスも描き入れ、とうとう完成したペット絵馬のゆづるの似顔絵がこちら!!!

じゃじゃ〜ん!!!



こ、これは酷い!!!

犬というよりは、おばさん侍みたいです!(笑)

手を加えれば加えるほど、酷くなっていってしまった印象。

完成したこの似顔絵に、皆で更に大爆笑!!!


そんな完成した似顔絵をゆづるに見せるも、「誰なのこれ?」という表情。




本犬(=本人)と並べてみると、少しは似て……ません(笑)




似顔絵こそ酷い出来だったものの、きちんと心を込めてゆづるの名前や願い事を書いたペット絵馬を、ママさんがペット絵馬専用の掛所にしっかりと掛けてくれました!



それにしても皆本当に絵が上手で、可愛い似顔絵ばかりで感心しちゃいました!!!

それに比べて私たちの絵のセンスのなさときたら…(汗)


それはさて置き、この「神祇大社」は「ペットと巡れるパワースポット」として名高いこともあり、ペット絵馬の掛所には、物凄くたくさんのペット絵馬が所狭しと掛けられていました!
(名前などが見えている絵馬もあるので、下の写真は写真全体にぼかしを入れています。)



こんなにたくさんの人たちが、大切なペットとの幸せを願っているのだと思うと、大変心が温まりました。

似顔絵は酷かったけれど、それでも文字も絵も心を込めて書いたので、私たちの絵馬の祈願もしっかりと届いているといいな。

そのためには、まずはそれに値する毎日を私たち自身が過ごしていくことが大事だと思っています。


ということで無事に絵馬を掛け終えた後は、この後もまだまだ予定が詰まっていたため、趣のある素敵な場所「神祇大社」を後にしました。




この地域の紅葉の見頃はもう少し先でしたが、「神祇大社」では、僅かながら赤く紅葉した美しいもみじも見ることができました!





ここ「神祇大社」は、「ペットと巡れるパワースポット」であるだけでなく、春には桜が、秋には紅葉が楽しめるスポットでもあるようです。

どの季節に訪れても、また違った素敵な雰囲気を味わうことができそうです。


伊東旅行2日目の最初に訪れた「神祇大社」は、大変趣のある素敵な場所で、午前中から晴れ晴れとした気分になることができるような、旅の始まりには打って付けの場所でした!

そして何より、ペット用のお守りやペット用の絵馬が用意されており、更にはペットのお祓いまでしてくださるという、ペット連れには本当に有難い神社でした!

私たちも、無事に目的のペットお守りとペット絵馬を授与していただくことができて良かったです!

「神祇大社」は、ぜひまた訪れたい場所です。

これからも、ゆづると一緒に楽しい毎日を過ごすことができますように。

そして、たくさんのわんちゃんと飼い主さんが幸せな毎日を過ごすことができますように。


ということで「神祇大社」を出た後は、この日は午後から雨の予報だったため、雨が降らないうちに屋外の観光を済ませるべく、次の目的地「城ヶ崎海岸」へ急ぎます。

「城ヶ崎海岸」にて、ゆづるを抱っこしながら険しい林間コースを歩いて目的の吊り橋を目指す、続きのお話は次回です!


☆おまけ☆

毛布を掛けてお昼寝するゆづる。



お家にいる時は、大抵このような感じでまったりと過ごしています。



★ランキングに参加中★
以下のバナー画像を1日1回クリックしていただけると、ランキングに反映されます。
宜しければポチッと応援お願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村


いつもありがとうございます!
コメント欄は閉鎖中ですが、何かございましたら当ブログPC版トップページに設置しているメールフォームよりお願い致します!



スポンサーサイト



検索フォーム
ゆづる、いくつ?
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR