fc2ブログ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
えりぽむにメール☆
ブログの筆者、私にメールを送れます♪ 何かありましたらいつでもお気軽にどうぞ〜!

名前:
メール:
件名:
本文:

★モリパーク アウトドアヴィレッジ② ーハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店でディナー!ー

前回の記事の続きです。


■「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」へ!

アウトドア用品に特化した新しいスタイルの屋外型複合商業施設「モリパーク アウトドアヴィレッジ」にて、まずは敷地内を一通り散策し、「モンベル 昭島アウトドアヴィレッジ店」での帽子のお買い物も楽しんだ後は、いよいよこの日私たちが「モリパーク アウトドアヴィレッジ」を訪れた最大の目的であるディナーです!

前回の記事でも書いた通り、この「モリパーク アウトドアヴィレッジ」には、アウトドア用品ブランド「モンベル」がプロデュースするカフェレストラン「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」があり、その「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」はテラス席へのペットの同伴が可能ということで、そんな「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」にてゆづると一緒にディナーをすることを目的に、今回私たちはこの「モリパーク アウトドアヴィレッジ」を訪れていたんです。


ということで早速、「モリパーク アウトドアヴィレッジ」の敷地内にある目的の「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」へ!

ちなみに前回の記事でも簡単に紹介した通り、「モリパーク アウトドアヴィレッジ」への到着後に、一度「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」の前を通りかかっており、そんな先ほど通りかかった「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」を訪れました。


前回の記事でも紹介した通り、「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」は、大きくて美しい池やたくさんの緑に囲まれた、自然を満喫できる絶好のロケーションにあるカフェレストランで、とりわけペットの同伴が可能なテラス席は、そのような気持ちの良い自然を間近に感じることのできる素敵な場所になっています。
(そんな「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」の外観については、前回の記事をご覧ください。)


■「モンベル」がプロデュースする「ハーベステラス」について

ディナーの前、私たちは「モンベル 昭島アウトドアヴィレッジ店」にてお買い物をしており、まさにその「モンベル」がプロデュースするカフェレストラン「ハーベステラス」は、「モンベル 昭島アウトドアヴィレッジ店」のすぐ隣に併設されているため、お買い物後すぐに目的の「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」に到着しました!




ここで少し、この「モンベル」がプロデュースするカフェレストラン「ハーベステラス」について紹介したいと思います。


世界中で愛されるアウトドアブランド「モンベル」がプロデュースするカフェレストラン「ハーベステラス」は、季節の野菜を中心としたナチュラル・ダイニングカフェです。

プロデュースする「モンベル」は、アウトドアブランドであるだけに、「お客様にアウトドア用品のショッピングを楽しんでいただくだけでなく、仲間と食事をしながら山の計画を立てたり、本を片手にゆっくりお茶が飲める憩いの空間を提供したい。」そんな思いから誕生したのが、この「モンベル」が手がける飲食店「ハーベステラス」なのです。

「ハーベステラス」の店舗は、現在、品川店(東京都港区)、富士吉田店(山梨県富士吉田市)、立山店(新潟県立山町)、五條店(京都府五條市)、そしてこの昭島アウトドアヴィレッジ店の5店舗が展開されているのですが、山や自然を大切にする「モンベル」ならではの、いずれの店舗もナチュラルな雰囲気の居心地の良い空間にて、季節の野菜を中心としたお料理や、特製カリーライスなどのお食事、またスイーツやコーヒーなどのカフェメニューに、地ビールやワインなどのアルコールドリンクまで、多彩なメニューをいただくことができます。


■自然に囲まれた居心地の良いテラス席!

さて、そんな山や自然に対する温かい思いが込められたカフェレストラン「ハーベステラス」の昭島アウトドアヴィレッジ店にて、スタッフの方にペット連れであることを伝えさせていただき、早速ゆづると一緒にテラス席の一角に着席です!




前回の記事でも書いた通り、「モリパーク アウトドアヴィレッジ」への到着後に最初にこの「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」の前を通りかかった時から、とりわけテラス席は大きくて美しい池やたくさんの緑に囲まれていて気持ちの良さそうな場所だと思っていたのですが、やはり実際にそのテラス席に座ってみると、予想通り目の前に広がるたくさんの自然を肌で感じることのできる、本当に気持ちの良い場所でした!!!

また、この「モリパーク アウトドアヴィレッジ」は、武蔵野の自然や緑を活かした「昭島・昭和の森」の一画にあるだけに、喧騒なども一切なく、ただひたすらに、肌で感じる自然の美しさや気持ち良さ、魅力が伝わってくる、自然の素晴らしさを身をもって味わいながらゆっくりと過ごすことのできる、本当に素敵な空間でした。

中でもとりわけ、「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」のテラス席の目の前に広がる大きくて美しい池は、一層の心地良さを演出してくれていました。


そんな居心地の良い「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」のテラス席にて、自然の気持ち良さや魅力をたっぷりと感じながら、メニューを見ていただくお料理を選びます。


ちなみにこの日は、絶好のお出かけ日和という暖かい日だったものの、私たちがディナーをいただく頃の夜の時間帯になると、やはりやや肌寒くなってきていたのですが、スタッフの方がテラス席に設置されているパラソルヒーターをつけてくださり、ポカポカとして暖かい中で本当に快適に過ごさせていただくことができました!


寒がりで、暖かい場所が大好きなゆづるも、パラソルヒーターのそばのポカポカとした暖かい場所が気に入ったようで、カート内で終始本当に気持ち良さそうにまったりと過ごしていました。






更に、この「ハーベステラス」はアウトドア用品ブランド「モンベル」がプロデュースするカフェレストランということで、テラス席用に「モンベル」のブランケットも貸し出してくださったのですが、さすがは世界中で愛されるアウトドアブランド「モンベル」のブランケット、大変機能性に優れていて暖かく、やや肌寒いテラス席において本当に重宝しました!

貴重なブランケットを貸し出してくださり、本当にありがとうございました!


■「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」にていただいたお料理の紹介!

それでは、そんな「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」にて、この日いただいたお料理を紹介していきたいと思います!

山や自然を大切に思う「ハーベステラス」は、そのお料理もまた、季節の野菜を中心とした「体に優しい」お料理で、食べていても胃や体に負担のかからない、「体に良い」ことが感じられる、しかもとっても美味しいお料理ばかりでした!!!


まず、パパさんは、「ビーフシチューセット」。




ちなみにこの日のパパさんとゆづるは、カジュアルウェア・犬服のブランド「DOG DEPT」のペアルックのお洋服を着ていました!





「DOG DEPT」は、愛犬とペアルックできるお洋服が多いので、とっても嬉しいです!


続いてママさんは、「ガッパオライス」。






そして私は「焼きカレー」をいただきました!






山や自然を大切に思う「ハーベステラス」のお料理は、いずれのお料理も、季節の野菜がたくさん取り入れられていたり、また雑穀米が使用されていたりと、体のことが考えられたお料理ばかりで、実際に食べているそばから「体に優しい」ことが感じられる、いくら食べても胃や体に負担のかからない、しかもいずれも絶妙な味付けのとっても美味しいお料理で、全員ペロリといただいちゃいました!!!


私たち家族は全員、それほどたくさん食べる方ではなく、普段飲食店においても注文させていただいたお料理を完食できないことも多く、前のお食事からあまり時間が経っていないお食事の際は尚更のため、この日も「わんダフルネイチャーヴィレッジ」の施設内にあるカフェレストランでのランチからまだそれほど時間が経っていなかったことから、この「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」でのディナーにおいて注文したお料理を食べ切ることができるかどうか心配していたのですが、この「ハーベステラス」のお料理は、いくら食べても胃や体への負担が感じられない「体に優しい」お料理であったこと、更にはとっても美味しいお料理であったことから、そんな私たちであっても、それぞれ難なく完食することができました!!!

また、それぞれのお料理の量もそれほど多くないため、この「ハーベステラス」は、女性やお子様にもおすすめのお店です!


そんな「体に優しい」美味しいお料理を、たくさんの自然に囲まれた静かで気持ちの良い環境の中でいただくことができ、家族全員大満足のディナーでした!!!


■「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」でのディナーの感想

そうして、大きくて美しい池やたくさんの緑がすぐ目の前に広がる自然豊かな環境の中で、「体に優しい」美味しいお料理をいただいた後は、この日「モリパーク アウトドアヴィレッジ」を訪れた最大の目的であった「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」でのディナーを終えたため、これにて「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」及び「モリパーク アウトドアヴィレッジ」を後にし、帰路に就きました。


この日「モリパーク アウトドアヴィレッジ」を訪れた最大の目的であった「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」でのディナーですが、「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」は、豊かな自然に囲まれた中で「体に優しい」美味しいお料理をいただくことができる、環境からもお料理からも、山や自然を、そして人を大切に思う気持ちが感じられる、とっても素敵なお店でした!!!


とりわけペットの同伴が可能なテラス席は、「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」を囲む池や緑といった自然をより間近に感じることのできる、大変気持ち良く居心地の良い空間で、更にはパラソルヒーターも設置されている暖かい場所をゆづるも気に入ったようで、パパさん、ママさん、私、ゆづる、皆でとっても素敵なひと時を過ごすことができました!

ちなみに今回私たちは、ゆづる連れということもあり、ペットの同伴が可能なテラス席を利用させていただきましたが、この「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」は、店内もまた、「お客様にアウトドア用品のショッピングを楽しんでいただくだけでなく、仲間と食事をしながら山の計画を立てたり、本を片手にゆっくりお茶が飲める憩いの空間を提供したい。」という「モンベル」の思いがまさに感じられるような、細部にまでこだわり抜かれた、本当にゆっくりとした癒しの時間を過ごすことのできる温かみのある素敵な空間になっていました!


そのため、この日のディナーにこの「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」を選んで良かったと思うと同時に、同じく「モンベル」ならではのナチュラルな雰囲気の居心地の良い空間作りがなされた「ハーベステラス」のその他の店舗にもぜひ足を運んでみたいと思いました。

いずれにせよ、たくさんの自然に囲まれた貴重な空間の中で、ゆづると一緒に楽しいディナーをすることができて良かったです!


■「モリパーク アウトドアヴィレッジ」の感想

また、そんな「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」もある、アウトドア用品に特化した新しいスタイルの屋外型複合商業施設「モリパーク アウトドアヴィレッジ」は、「ハーベステラス 昭島アウトドアヴィレッジ店」と同じくたくさんの豊かな自然に囲まれた環境の中に、アウトドアブランドの物販ショップをはじめ、アウトドアの魅力を体感、体験できる様々な施設が揃っており、そこにいるだけで、そこでお買い物やお食事を楽しんでいるだけで、「アウトドア」というものの魅力を身をもって実感できる、他に類を見ない斬新なアイデアの素晴らしい場所でした!


そんなアウトドアの魅力が実感できる「モリパーク アウトドアヴィレッジ」にて、今回私たちは、アウトドア用品のお買い物やたくさんの自然に囲まれた環境の中でのお食事を楽しみ、それだけでも十分に「モリパーク アウトドアヴィレッジ」を満喫することができましたが、全長約200mの「トレイルレーン」でのトレッキングの疑似体験や、池でのカヤック体験、更にはヨガやクライミングなど、「モリパーク アウトドアヴィレッジ」には、今回私たちは楽しむことができなかった様々なコンテンツがまだまだたくさんあります。

そのため、アウトドア愛好者の方はもちろん、アウトドアデビューしたいというアウトドア初心者の方、また子どもや愛犬と一緒にアウトドアな時間を過ごしたいという方は、ぜひこの「モリパーク アウトドアヴィレッジ」を訪れ、他では体験することのできない様々なコンテンツを通して、アウトドアの魅力を再発見、再確認してみてください。


私たちも機会があれば、ぜひまたゆづると一緒にこの「モリパーク アウトドアヴィレッジ」を訪れ、今回とは違った楽しみ方をしてみたいと思います!


■この日の多摩地域へのお出かけの感想

この日は、日本最大級のドッグパーク「わんダフルネイチャーヴィレッジ」、そしてアウトドア用品に特化した新しいスタイルの屋外型複合商業施設「モリパーク アウトドアヴィレッジ」、その双方にて豊かな自然に囲まれた環境の中でゆづると一緒に過ごし、多摩地域、及び多摩地域の自然を心から満喫することができました!!!


日本最大級のドッグパーク「わんダフルネイチャーヴィレッジ」では、たくさんの山々や緑に囲まれた自然豊かな環境の中で、ゆづると一緒にランチやお散歩、ハイキングなどを楽しみ、一方のアウトドア用品に特化した新しいスタイルの屋外型複合商業施設「モリパーク アウトドアヴィレッジ」においても、同じくたくさんの緑に囲まれた自然豊かな環境の中で、ゆづると一緒にお買い物やディナーを楽しむことができ、多摩地域の魅力を改めて感じることのできた一日でした。


このようなアウトドアな楽しみ方ができているのも、「犬を飼ったからこそ」だと思います。

きっと犬を飼うことがなければ、このような場所に訪れることもなかったと思います。

そのため、私たちに日々様々な刺激を与え、様々な新しい発見をさせてくれる、そんなゆづるの存在には、心から感謝しています。


今回は、そんなゆづると一緒に多摩地域を満喫しましたが、これからもゆづると一緒に様々な場所を訪れ、色々な経験をしていきたいと思います!


ということで以上、3月25日の「わんダフルネイチャーヴィレッジ」及び「モリパーク アウトドアヴィレッジ」へのお出かけについてでした〜!


■おまけ 〜「小林牧場」でのお花見!〜

3月25日のお出かけについてのお話は以上なのですが、おまけとして、まだブログに書くことができていない最近の出来事についてここで簡単に書きたいと思います!


先週の水曜日、3月28日は、ゆづると一緒にお花見に行ってきました!


ゆづると一緒にお花見をするべく訪れた場所は、千葉県印西市にある「小林牧場」です!

「小林牧場」、正式名称「大井競馬小林牧場」は、東京の大井競馬場などに出場する馬が多く調教されている、昭和40年に設けられた競走馬の保養育成のための牧場です。


そんな「小林牧場」は、千葉県有数の桜の名所として広く知られており、印西市観光協会が「いんざい八景」の一つとして指定しているほか、千葉県選定の「房総の魅力500選」にも選ばれており、入口からロータリーまで続く約700メートルの見事な桜並木は、お花見の名所として、毎年桜の季節になると多くの人や出店で賑わいます


そんな「小林牧場」は、私がゆづるを迎える以前から度々お花見に訪れていた場所であり、ゆづるを迎えた後も、ゆづると一緒に何度かお花見に訪れている場所で、そんな「小林牧場」へ、今年もゆづると一緒にお花見に行ってきました!

桜の見頃は本当に一瞬のため、タイミングが合わなければなかなかお花見に行くことはできないのですが、先週の水曜日に「小林牧場」の桜が見頃を迎えたということで、運良く足を運ぶことのできる機会もあったため、見頃を過ぎてしまう前に、意を決してお花見に行ってきました!


さて、目的の「小林牧場」に到着すると、何度見ても改めて感動する、約700メートルにわたって続く満開を迎えた美しい見事な桜並木がまず目に飛び込んできました!!!







約700メートルという範囲内に無数の桜の木が密集している、これほどまでに壮大で美しい桜並木が見られる場所は、それほど多くないのではないでしょうか。


そんな「小林牧場」の桜は、まさにこの日見頃を迎えており、更にこの日は快晴でもあったことから、平日であったのにもかかわらず、「小林牧場」の桜並木はたくさんの人々で賑わっていました!!!

もちろん、様々な出店も所狭しと並んでいました!


そんな「小林牧場」の桜並木にて、ゆづると一緒にお花見を楽しみながら、お写真を撮りました!




ママさんとゆづる。




私とゆづる。




壮大でダイナミックで大迫力の桜並木は、どこから見ても本当に美しいです!!!




そんな壮大で美しい桜並木にて、しばらくの間ゆづると一緒にお花見を楽しんでから、帰路に就きました。


ちなみにこの日の「小林牧場」でのお花見においては、「レアチーズ」や「生キャラメル」といった珍しい中身の大判焼が販売されている出店にて大判焼を購入し、写真は撮り忘れてしまったのですが、それらの大判焼がどれもとっても美味しかったんです!!!

普段あまり大判焼を好んで食べることのない私ですが、そんな私でもいくつも食べたくなるほどの美味しさでした!

美しい桜並木を堪能し、美味しい大判焼もいただき、ゆづると一緒に楽しいお花見ができて良かったです!


そんな今年の桜も、あっという間に葉桜。

桜の見頃は、本当に一瞬にして過ぎてしまいます。


あのような美しい姿を見せてくれるのだから、もう少し長く咲いていて欲しいと思うのはもちろんなのですが、美しい姿が見られるのが一瞬であるからこそ、より一層美しく感じられるのだと思います。

また来年、桜の咲く時季を楽しみに待ちたいと思います。


そしてまた来年も必ず、ゆづると一緒にお花見に行きたいと思います!


ということで以上、3月28日の「小林牧場」でのお花見についてのおまけのお話でした〜!



★ランキングに参加中★
以下のバナー画像を1日1回クリックしていただけると、ランキングに反映されます。
宜しければポチッと応援お願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村


いつもありがとうございます!
コメント欄は閉鎖中ですが、何かございましたら当ブログPC版トップページに設置しているメールフォーム、もしくは
Instagramよりお願い致します!


スポンサーサイト



検索フォーム
ゆづる、いくつ?
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR